輸出入ビジネス

仕事の幅は広い

女性

海外とのビジネスをする人にとっては避けては通れないもの、それが「貿易」です。
海外から物を仕入れたり海外向けに売る事で利益を得るビジネスです。
貿易には様々な人が携わっています。
求人で探す場合は自分が何をしたいのかをはっきりとさせてから探しましょう。
貿易の仕事の種類を紹介していくと、商社、倉庫、乙仲やフォワーダーなど多数の種類が存在しています。
船会社やキャリアもその一つです。
貿易といっても業種も営業から事務、経理などポジションは様々です。
将来的に自分で起業したい人は全て経験するのが一番です。
そうでない人は専門商社やメーカーなどの海外部署で求人募集している会社をチェックしてみましょう。
業務内容がインボイスやパッキングリストの作成、海外とのコレポンと記載されていれば海外の取引先とやりとりする可能性が高いです。
経験がいるのか未経験でもチャレンジ可能なのかも大切なポイントです。
求人に掲載されている内容が必ずしも業務と一致するとは限りません。
自分の目標を失わない為にも面接での質問やゴールはしっかりと選定しておきましょう。
貿易業界が初めての人は求人をチェックする前に資格を取得したり実務に役立つ準備をしておく事も大切です。
貿易は何より臨機応変さが求められる仕事ですからどんなことが起きても耐えれるメンタルが必要な仕事です。
事務職であっても交渉力など実務面で活躍出来るようにコミュニケーション力を事前に身につけておくと良いでしょう。

自分のアピール

履歴書

職を探す時に、応募先の企業へ提出するのが履歴書と職務経歴書です。
以前は履歴書だけでしたが、今は転職するのが当たり前の社会になりました。
その為、どんな会社で働いてきたかや成果が見れる書式が必要となり、職務経歴書が世に出てきました。
さて、職務経歴書にはいくつかの書き方ポイントがあります。
見やすいのは時系列です。
履歴書同様に書いていきますが、仕事内容や成果、昇給などビジネスバックグラウンドがわかりやすいように記載します。
営業であれば順位や表彰、成果の詳細などを記載し、事務職であれば書類作成や電話応対、パソコンのスキルを記載した上でサポート役として何が出来るのかを記載します。
デザイナーなどのクリエイター系の仕事の人は自分の作品を見せるポートフォリオも一緒にあれば良いでしょう。
職務経歴書で採用が決まる事は多々あります。
誤字脱字や、文書をインターネットからコピペしただけのようなものはすぐにバレてしまいますので、くれぐれも気をつけなければなりません。
パソコンスキルをアピールするのであれば打ち込みで作成しましょう。
職務経歴書が完璧でもそれに沿った話を面接時に出来なければなりません。
特に成果を上げているような仕事をしてきた人はその後の給料や評価にかかわってきますので大切です。
保存しておいて本番前に見直しし、おかしな箇所がないか確認しましょう。
上手くアピールするにはフォントや文字の大きさも大切です。
気を抜かずに作成しましょう。

登録して働こう

JOB

現代では、正社員という働き方を選ばない人が増えています。
様々な雇用形態がありますが、その中の1つ人材派遣会社を利用した、派遣社員という働き方を選ぶ事ができます。
人材派遣会社を利用するためには、どのようにすればいいのか、わからない人も多いでしょう。
人材派遣会社の特性ですが、登録する事によって仕事を紹介してもらえるようになります。
人材派遣会社は沢山あり、オフィス系、IT系、販売系など、取り扱っている職種が異なっています。
登録する際には、紹介してほしい職種を取り扱っている、人材派遣会社に登録しましょう。
最近では、WEBサイトから登録する事ができるので、登録会に参加してからの手間を省けるようになっています。
WEB登録後、派遣会社の担当者と面接して、希望の職種や条件などを相談し、希望に近い仕事を紹介してもらう流れになります。
人材派遣会社を利用する長所は、自分で仕事を探す必要がないという事でしょう。
条件や待遇などを派遣会社に伝えると、それに近い仕事を見つけてくれます。
自分で探すよりも、好待遇の職場を見つけてくれる事も多いのです。
また、派遣社員の多くは、3か月更新になります。
もし、3か月働いて、合わないと感じたら更新する必要がなく、新しい仕事を紹介してもらう事ができるのです。
これは大きな長所といえるでしょう。
現在人材派遣会社はとても沢山あり、評価も様々です。
口コミやランキングサイトなども作られているので、登録前に確認すると良いでしょう。